日本の文化は色いろな所で根強く残っています。
お店、自宅、色々な所で使われているのれんですが、
京都にはオーダーで世界に一つだけのオリジナルのものを
作ってもらうことができるお店があります。

伝統工芸なども盛んな土地でもありますが、特にこだわって
作っていますので定評があります。

サイズであったり形、またカラーやデザインなど、さまざまな
ことを決めていくことができますし、デザインをするのが苦手な
方は相談すればアイディアを出してもらうことができます。

のれん
実用性があるだけではなくインテリアとしても、
和式の所ではうまく使っていけば、お部屋の雰囲気も
全然違ってきます。

もちろんお店でも使うことができますし、大浴室、
食堂、玄関、色々な所で活用されています。

京都には色いろな伝統工芸の暖簾のお店がありますが、
のれんというのもとても人気があるアイテムです。

日本古来から使われている伝統的なものでもありますし、
もちろんそれは家庭でも使われています。

ご家庭用でもお店用としても多用されているのれんですが、
世界に一つだけのオリジナルの物をつくることで、
愛着もわいてきます。

長く使うことができるものですので、こだわって作って
みるのも良いでしょう。

のれんの注文数が多い

デザインなども要望通り作成してもらうことができます。
口コミでも満足度が高く、贈り物としても利用されている方もいます。

和なデザイン、洋風なデザインにすることもできますし、
レースなどモダンなタイプもおすすめです。

伝統工芸品は伝産法に基づいて経済産業大臣に認定されている!

長年受け継がれてきた技術が用いられて作られた工芸品を伝統工芸品と呼んでいます。
経済産業大臣が産業の振興を目的に制定された法律に、伝産法といわれるものがあります。

この法律の第2条で、伝統工芸品の指定を受けるための要件が規定されています。

その内容は、主として日常生活のために作られたものであることです。さらに製造過程の主要部分が手工業的であり、伝統的な技術や技法によって製造されるものであることがあげられています。

また伝統的に使用されてきた原材料が主な原材料として用いられていて、一定の地域においてある程度の数の人達がその製造を行い、又は製造に従事していることなども規定されています。

経済産業大臣から認定を受けることは難しく、知事の指定は受けていても伝統工芸品の認定を受けていない工芸品も多くあります。
ある程度の人数の人達が製造を行っているという規定に至らず、伝統的な技術を持っている職人がいても1人だけの場合には、認定を受けることができなくなっています。

伝統工芸品の認定を受けていることがすべて良いのではなく、工芸品の持つ質の高さや特徴を素直に良いと感じられることも大切なことになっています。
伝統的な工芸品を見る目を養うことが必要です。