のれんを決める時には、色や柄、デザインなどが気になると思いますが、テクスチャーにもこだわって選ぶことをおすすめします。

のれんを注文して楽しみに待っていたら、和風の落ち着いた印象の店舗なのにつるつるで光沢のある生地だった、おしゃれでかわいらしさのある店なのにざっくりとした重厚感のある布地だったなど、イメージと違うということがあるのです。

のれんを選ぶときにこだわって欲しいのは、感触や質感、手触りなどのテクスチャーです。

のれんの生地感

織り方や厚み、地模様なども含め生地が持つ魅力が、店舗のイメージと合っていることは、店舗の入り口に掛けることになり必ず目に付くのれんを選ぶ時にはこだわりたいポイントのひとつと言っても大げさではありません。

のれんは、生地見本を取り寄せて確認してから選ぶことができ、生地見本で確認することで生地の質感を確かめることができます。

直に触ることができるので、手触りや見た目の印象、生地の厚みや透け感などもきちんと見てから選ぶことができます。

同じような色でも、素材や織り方によって印象が異なることも多く、生地選びがイメージを左右するため質感にこだわりを持って選ぶことをおすすめするのです。

生地見本を取り寄せて選ぶことがおすすめ

のれんを選ぶときに、色や柄、デザインなどをオーダーするために
ホームページなどを見て選ぶという人も多いと思いますが、早めに生地見本を取り寄せることをおすすめします。

イメージと違う物が出来上がってくるということを防ぐことができますし、それ以上にイメージにぴったり合うのれんつくりをすることができるからです。

生地見本を見て、直に触ることによって、印象が変わることは良くあります。

のれんの生地見本による印象

織り方や厚み、質感が与えるイメージは、想像している以上に大きく、無意識に生地の質感と店舗のイメージを重ね合わせてしまうものです。

つまり生地をしっかりと確かめて、与えたいイメージに合わせて選ぶことが成功を左右するということになります。

のれんを注文するときには、生地見本を取り寄せて実際に触って選ぶことができるお店を選ぶことがポイントです。

色々な種類の生地の中から、自分のイメージに合う物を選び、色や柄、デザインなどを決めていくと統一感があり、魅力的なのれんに仕上がります。

お店に入るときに、片手で布の端を持ち上げるようにくぐる人も多く、お客さんが触ることもあるので、テクスチャーにもこだわることはとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)