お客様にとって第一印象となる「のれん」は、
名前や雰囲気、こだわりを感じてもらうという意味で
お店にとっては「顔」とも言える大事なものの一つです。

歴史ある京都では、伝統的な京都のれんが制作されており、
最近では好きなデザインをオーダーメードすることができます。

京都ののれん作りを支えるのは、素晴らしい職人の技術です。

お店の顔

長年かけて培った熟練の職人が技術を駆使し、
丁寧にものづくりを行っているので、安心して購入することができます。

素材は麻や綿だけでなくポリエステル、防炎加工のものもあり、
サイズや形、色、仕立て方など豊富なバリエーションから
選ぶことができ、かける場所や雰囲気、用途、好みに応じて
オーダーできます。

また染めの手法も、本物志向の手書きや伝統的な本染め(染め抜き)、
シルクスクリーンのほか、インクジェットプリントがあります。

インクジェットプリントによる手法は、より細かく繊細なデザインや
多くの色を使用したデザインにも対応できるだけでなく、低価格で
より短い納期で制作できます。

贈り物にも

全体のデザインや文字のデザインを相談、依頼したり、
家紋、ロゴ、イラストを入れることも可能です。

お店の顔としてだけでなく、好きなデザインをオーダーして
お部屋のインテリアや贈り物にするのもおしゃれでおすすめです。

発祥の地、京都の職人の技術と、こだわりのデザインや
想いが重ね合わさり、世界に一つだけのオリジナルが出来上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)