のれんは夏場に日除けとして活用することができます。
クーラーをかけた自宅で過ごしていても、暑い日に窓から入り込んでくる日差しのせいで涼しさを感じられないケースは多いです。

日差しを避けたい

窓からさんさんと日差しが入ってくると涼しくないので、のれんで日光を遮ることがおすすめだと言えます。

薄手のレースのようなものでは不十分な可能性もありますが、厚手のものを選ぶとしっかりと日光を防いでくれるはずです。

近頃は様々な種類の商品が販売されているので、入ってくる日差しの強さに負けない厚さののれんを選ぶことができます。
カラーやデザインも豊富な種類があるので、厚さにこだわった結果、部屋に似合わないものになってしまったというトラブルも避けることができるでしょう。

カーテンをつけるほどではない小窓などがある場合でも、のれんを利用することで手軽に日除けができます。
光が入り込みやすい住まいは明るくて良いですが、夏にたくさんの光が入ってくるとクーラーをつけても室温が下がらない、直接浴びることで体調を悪くするなどの問題が発生する可能性が高いです。

上手に活用することで、快適に過ごすことができるようにしておくと良いでしょう。

のれんで日除け

ドアを開けたままでも視線が気にならない

暑い時期にはドアを開けっ放しにする人も多いはずです。
それぞれの部屋の扉を開けたままにしておくと、風通りを良くして涼しさを感じることができます。

しかしながら、自室の扉を開けたままにしておくと、家族が通ったときに中が丸見えで嫌だと感じる人も多いです。
そのような場合は、のれんをつけることで目隠しすることができます。

風が吹くとヒラヒラと捲れることはありますが、常に部屋の中が丸見えになってしまうようなこともありません。
厚手のものや質量があるものを選べば、多少の風では捲れないので、なるべく視線を遮りたい場合はこういったものを選ぶと良いです。

のれんを活用すればドア代わりにすることができるので、暑い日にドアを閉めなくても他の部屋や廊下ときちんと仕切りを設けることができます。
夏場に空気を入れ替えるために玄関のドアを少しの間、開けておく家庭もありますが、この場合にもドアにのれんをつけることでドア代わりにすることが可能です。

外から玄関が見えてしまうことがないので、近所の人の視線が気になりません。
もちろん、防犯を意識して玄関の様子が分からない場所にいるときは扉を閉めておくべきですが、様子が分かる場所にいる場合はのれんをドアの代わりにして換気を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)