京都を歩くと、素敵なのれんが沢山あり、目を引きます。
多くのオーダーメイド専門店があり、お店ごとに
個性のある商品を製作しています。

熟練した職人が作り上げる一品は大満足な仕上がりに
なる事間違いなしです。

のれんは、日本独特のもので、平安時代には使われていました。

長い伝統があり、古都京都にしっくりくるのもうなずけます。
かつては、色によって業種が分けられていた事もありました。

割れ目は、縁起が良いとされる奇数で作られている事が多く、
げんを担いでいました。

伝統的な

地域によっても竿を通す部分に違いがあり、
関東風は輪に竿を通し、関西風では筒状に
仕立てた所に竿を通します。

日差しや、寒さ、風などを防ぐ働きと共に、
お店の入り口では、お客様の第一印象を
決める大切な存在です。

素材や文字、柄、色などの種類が幅広く
長さ、形にも違いがあります。

オーダーメイドは、世界に一つだけの特別感があります。

自分のイメージを伝える事から始まりますが、
よくわからない時、迷った時も、熟知した専門家に相談でき安心です。

丁寧な作りデザインや、手法、生地選び、色。
決めなくてはならないことは沢山あります。

製作の前には、見積もりが出してもらえるので
料金や内容をしっかり確認できます。

デザインなども的確な提案で、サポートしてくれます。
高い技術を持った職人の方々が、一枚ずつ丁寧に仕上げてくれます。

こだわりの詰め込まれた大切なのれんは
携わった沢山の人のあたたかい心を伝えてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)